ワキガと脇汗の臭いはなぜ違うの?ワキガ=脇汗ではない?

ワキの臭い

汗の臭いは誰もが知っている臭いですよね。夏の暑い日に、汗をかいてそのままにしておくと、皮脂などを餌にして雑菌が増殖しやすくなります。特に脇は、皮膚が密着しやすい部分なので、雑菌が繁殖しやすいため、臭いが強くなってしまうのです。

不快な臭いではありますが、誰もが知っている臭いなので、人によってはあまり気にならないという人もいるかもしれません。一方、ワキガも汗をかく事で臭いは発生しますが、一度、臭いが発生すると、汗を拭いてもなかなか消えない場合が多いです。

日本人でワキガの人は、それほど多くないので、ワキガの臭を嗅いだ事がない人という人もいるかもしれません。

ワキガと脇汗は臭いの元が違う

脇汗とワキガの臭いはなぜ大きく違うのでしょうか?それは汗の成分の違いにあります。通常の汗はエクリン汗腺から、水分がでるのですが、この水分自体に臭いはあまりなく、体の皮脂や汚れが混じって臭いが発生します。

一方ワキガの汗はアポクリン線からでるのですが、もともとこのアポクリン線に脂質や、たんぱく質などの臭いの成分が含まれているのです。そのため普通の汗よりも、強い、鼻を突くような臭いになってしまうのです。汗自体に、臭いの成分が含まれているので、少し拭いたくらいではなかなか臭いはとれないのです。

脇汗と同じ汗対策ではワキガの臭いをなくす事は難しい

通常の汗の場合は、市販のウェットテッシュや、制汗スプレーなどの汗対策で臭いをなくす事ができます。しかし、ワキガの場合は制汗スプレーを使っても、完全には臭いが消えない場合が多いです。それどころか、ワキガの臭いに消臭剤の臭いが混じって、臭いが余計に気になってしまう場合もあるのです。

ワキガの臭いをなくすには、入浴などで、全身を洗浄剤で洗い、臭いの元である汗を洗い流さなくてはいけません。しかし、一日に何回もシャワーを浴びるのは、現実的に難しいですよね。ワキガの臭いをなくすためにはどうしたらいいのでしょうか?

そんなワキガで悩む人の間で話題になっている消臭アイテムがあります。それがクリアネオです。

クリアネオは肌に優しいクリームタイプ。スプレーのように臭いをごまかすのではなく、臭いの元に直接効いてくれます。クリアネオには汗を抑える作用があるので、ワキガの臭いの元である汗を出にくくしてくれます。

朝、脇に塗っておけば、一日中、臭いが気になりません。

もし、効果が薄れてきても、気になった時にサッと塗るだけで、すぐに効果があります。クリアネオは即効力と持続力が優れているので、ワキガ専用クリームとして多くの人に選ばれています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ