ワキガ治療を医療機関で受ける際の注意点

治療するときの注意点

最近では医療機関でワキガの手術を受ける人も増えてきています医療機関ではさまざまなワキガ治療を受ける事ができます。手軽に受けられるものだと、電気によってアポクリン線を熱で処理するというものです。

永久脱毛と同じような施術なので安全面でも安心です。またボトックスによる治療も行われており、ボトックスを脇に注射する事で、汗の量を制限し、臭いがでにくくなるという効果があります。

しかし、どちらも時間とともに効果は薄れてくるので、定期的な治療が必要になります。一回の手術でワキガを治療したいのならば、臭いの元となるアポクリン線を手術によって切り取る治療法が効果的です。

しかし、一般的にワキガは「病気」とは認定されない場合もあり、美容外科などで行っているワキガ治療には保険が効かないため、高額になってしまいます。般的に受けられる、アポクリン線を取り除く手術は30万円ほどします。高額になるため、手術を受けたくても、受けられないという方もいると思います。

医療機関でワキガを治療する場合、保険が適用される場合がある

ワキガで悩んでいる方の中には、保険治療でワキガを治したいと思っている人も多いと思います。場合によっては、保険を使って手術を受けられる場合もあります。ワキガ自体は病気でなくても、それが原因で精神的なストレスにより、体調を崩してしまう場合もあります。

医師が「手術が必要だ」と判断した場合は、保険での治療を受ける事ができるのです。その際のアポクリン線を取り除く手術費は56万円ほどです。保険治療になると金額の面ではかなりハードルが低くなるので、治療が受けやすくなりますね。

ワキガは再発する可能性がある

アポクリン線を取り除く手術をすれば、根本的にワキガの原因がなくなった事になります。しかし、手術の際に何らかの事情で、アポクリン線が完全に取り除けなかった場合は再発してしまう可能性があります。

医師の力量不足などが原因の場合もありますが、切開方ではなく、吸引方で手術をした場合は、構造上、どうしても取り残してしまう可能性があるのです。

ワキガを100%なくす事はなかなか難しいですが、毎日ちょっとした事で、ワキガを気にしない生活を送る事ができます。クリアネオというワキガ専用のクリームは、朝に一度付けるだけで、一日中、ワキガの臭いを気にならなくさせてくれます。

汗をかいて気になった場合でも、サッと塗るだけで、すぐに消臭効果があるので、臭いを気にする毎日のストレスがなくなります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ