ワキガの日常ケアにはデオドラント系石けん(鹼)で抑臭に心がけましょう

ワキガの臭い

ワキガにお悩みの人は、日ごろから入浴が大切です。漫然と入浴するのはいけません。ぬるめとか逆に熱めの湯,足湯などの入浴法を選ぶだけでなく、ワキガ対策のために薬用石けん、中でもワキガの臭いを抑える抑臭効果のあるデオドラントボディーソープを選んで試して見ましょう。とりわけワキガの手術を受けた人は、脇の下などを清潔に保つ石けんや抑止剤の選び方が大切です。

ここではボディーソープの選び方、薬用石けんを使う時に注意しなければならいことなどを知ってもらいましょう。特に、人それぞれ、自分に一番合った石けん選びに参考になる情報をお伝えします。

すぐにワキガ臭いをなんとかするための対策・施策

ワキガ予防の大前提!体を清潔に保つこと

薬用石けんをあれこれ選ぶことに悩む前に、ワキガ対策の大前提は脇の下や下腹部、足の裏などをきれいに洗い流すことに心がけましょう。しかも日ごろから、汗をかいたり、外出後などに面倒くさがらず入浴して、ケアすることをお薦めします。

理由は分かりますね。

脇の下などは汗を含めて汚れや雑菌が溜まりやすく、放置すると雑菌が繁殖して臭いやワキガが増幅してしまいます。

ワキガはアポクリン腺から出る無臭の汗が空気に触れて、分泌物や常駐菌と混じり合って悪臭を放ちます。特にワキガ手術後にはケアを怠ると、取り残したアポクリン腺が再生して、せっかくの手術が徒労に終わることだって考えられます!

脇汗と同じ汗対策ではワキガの臭いをなくす方法

ボディーソープの選び方を伝授します!

ワキガ対策用の石けんは、薬用でデオドラントの1種を選びましょう。
ワキガ予防ですからまず殺菌力が問われます。アポクリン腺から排出される汗は、タンパク質や脂肪、アンモニアなどをたくさん含み、そこに細菌が繁殖しやすくなります。

増殖した細菌が、汗の成分を分解し、悪臭は一段と増幅されます。

臭いの根源を絶つ石けんは殺菌力があり、特にデオドラント系の石けんが効果を発揮します。

そのような市販の石けんの選ぶ際には、殺菌力に加えて抑臭効果はじめ保湿効果も併せて備えたものがいいでしょう。
薬剤師などと相談して、付属の説明書をよく読み、自分に合いそうな石けんを選ばなければなりません。

手術後のケアに多用したい石けんとは!

ワキガ手術は、アポクリン腺をメスで丹念に切り取る外科的施術です。
手術は非侵襲性で最近注目されているレーザー治療法は別にして、すべて侵襲性である脂肪吸引法に似た皮下組織吸引法、特殊な器具を使って削り取る皮下組織削除法、さらには皮下組織掻爬法などがあります。

特にメスなどを使って、剥ぎ取った皮膚を縫合する手術は、術後の跡が残ります。

跡が残らない手術は、医師が直接目で確かめながら除去できませんので、アポクリン腺を完全に取り去ることは難しくなります。跡が残る手術でさえも、再生力が強いアポクリン腺は、術後のケアが悪いと再生する恐れがあります。

手術による完治を保証し、再生のスピードを遅らせるためには、デオドラント効果のある石けんや薬用石鹸を使って、ケアを怠らないようにしなければなりません。

ワキガ手術を受ける際の注意点

薬用石けんとは?化粧品ではなく医薬部外品です

薬用石けんは目的別に2種類あります。肌の殺菌を目指すものと肌荒れ防止目的のものです。いずれも医薬部外品です。

殺菌を目的とした石けんは、逆性石けんとして知られる「塩化ベンザルコニウム」という陽イオン界面活性剤の一種、あるいは家庭用抗菌剤として知られる「トリクロサン」が配合されています。

その水溶液が日本薬局方収載医薬品では、殺菌・消毒用に用いられる逆性石鹸と定義されています。また洗浄目的には、アシルイセチオン酸塩やアシルグルタミン酸塩など、合成界面活性剤が使われています。

ワキガは遺伝だと治せない?

FDAやEUでは使用禁止に 日本のメーカーも追随

2015年以来、米国食品医薬品局(FDA)と欧州連合(EU)では、殺菌作用のある「トリクロサン」の使用を相次いで禁止しました。禁止の理由は、トリクロサンが分解されて、有害物質ダイオキシンに変わる可能性が指摘されたことです。

日本のメーカーもこれに準じて、最近の薬用石けんには「トリクロサン」の使用を相次いで止めています。例えば花王製品の「ビオレU泡ハンドソープ」がいち早く使用を止めています。

肌の殺菌・消毒という役割について言えば、意識して使わなければ、普通の石けんと薬用との見分けがつかず、効能の大きな差異が見つかりません。
薬用石けんを使って手や脇の下を短い時間で洗っても、顕著な薬効は現れません。ここで言えることは、薬用石けんというだけで満足しないで、安易に使用していては効果が期待されないということです。

ワキガを抑臭する石けん選びのコツ

ワキガのための石鹸選びのコツ

いろいろ見てきましたが、ワキガの臭いを抑制する石けんの選び方は、むやみに試して見ればそれでいいということでは決してありません。かえって石けんが悪さをして、逆効果になるリスクだってあります。

ここでは2,3の薬用石けんをお薦めしますが、これが万能だとは保証できません。あくまでもこれまでの使用例や使用後の評価などが高い石けんを取り上げ、お薦めする根拠をできるだけ分かりやすく説明します。最終的にはオウンリスク、つまり自己責任で選んでいただきます。

インドネシア由来の天然成分配合ソープ

「ジャムウハーバルソープ」は、天然植物成分を主体とするナチュラル系の石けんです。植物成分ということで、安心感があって刺激も少なく、敏感な肌の持ち主も安心して臭いの強いワキガや下半身などの脱臭に使えます。

ハーブ系植物などをいろいろ配合して、インドネシアの家庭で代々受け継がれてきた石けんです。

インド伝承の医学書「アーユルベーダ」に出てくるハーブ系石けんと同種です。パーム油、カミツレ油、甘草、オタニンジン、アロエなど豊富な天然素材をパーム油ベースに混合しています。

天然系のもう1つの「薬用柿渋エチケットソープ・プレミアム」

自然指向の強い人にもう1つの石けん「薬用柿渋エチケットソープ・プレミアム」が知られています。

洗浄用途ポリフェノール系の茶カテキンと柿タンニン、ユーウカリエキスを配合した石けんです。これはまた、殺菌・消毒目的のイソプロピルメチルフェノールが含まれています。

泡立ちが悪いことが評価を下げる一番の理由ですが、消臭・脱臭の評価は高く、特に加齢臭にお悩みの人に人気があるようです。

女性に圧倒的人気の「ローズボディ・リフレッシュ」

「ローズボディ・リフレッシュ」は、バラの香りが優しく心地よい女性向けボディーソープとして、圧倒的人気を誇っています。

強い抗菌・殺菌作用があるイソプロピルメチルフェノール系の薬用石けんです。

殺菌力が強いイソプロピルメチルフェノールのほかミョウバン、チャ乾留液が配合されており、医薬除外品に指定されています。

バラの香りはブルガリア産「ダマスクローズ」品種で、この成分は高級な香水にも使われています。固形ではなくポンプ式クリームで販売されています。口コミでは「臭いが気にならなくなった」という評価が高いようです。

男性は「クリアネオ男性用ボディーソープ」が売れ筋

男性は40歳ごろから始まる加齢臭が嫌われます。

と言うのも、加齢臭は自分では気が付き難く、人に聞いてもその臭いについて十人十色の答えが返ってきます。ワキガは言うまでもなく、特にこの加齢臭の治療に人気なのが、「クリアネオ男性用ボディーソープ」です。

「クリアネオ」は男女ともに人気の石けんです。無添加で、肌が敏感な人でも安心して使えます。殺菌、抑臭、保温など7種類の植物エキスが配合されています。その中でもユーカリの香りが女性に好まれ、さわやかな臭いとかリラックス効果があるということで、加齢臭の男性に向いていると言われます。

ワキガ対策・ワキガ予防についてはこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ